いちご鼻は治るの?

リプロスキンで「いちご鼻」は治るのかを徹底調査しました!

いちご鼻という可愛らしいネーミングですけど、毛穴が黒ずんで汚れが蓄積されるのは、肌にとって大問題です。

 

いちご鼻になってしまったら、できるだけ鼻をさわらないようにしましょう。

 

さわっていいのは、治療のためにリプロスキンをぬるときだけです。

 

リプロスキンがいちご鼻に効果があるかですけど、「スクワラン」という美容成分が配合されており、古い角質を取り除く働きがあります。

 

リプロスキン独自の技術である「ナノBテクノロジー3.0」は、有効成分を肌の奥に浸透させます。

 

ほかの化粧水やクリームと併用させて、ナノBテクノロジー3.0を有効活用させてください。

 

いちご鼻の黒ずみの正体は何?

 

いちご鼻の毛穴につまっているのは、古くなった皮脂や角質です。これを「角栓」と言います。

 

つぶすと角栓がニュッと出てくることから、気になってつい取り出してしまうということはないでしょうか?

 

「角栓がごっそり取れるのが快感!」などと思っているうちは、いちご鼻は一生治りません。

 

もし、そんなクセが習慣になっているとしたら、今すぐやめてください!

 

つまった角栓を取り出すことで、毛穴の開きはますます大きくなっていきます。

 

いちご鼻を治すために大切なことは?

 

いちご鼻の治し方ですが、最初に行うことはしっかりした洗顔です。

 

  • 角栓ができたから洗うのではなく、角栓を作らないように小まめに顔を洗ってください。
  •  

  • 洗顔したら、リプロスキンをぬった後に化粧水で保湿します。
  •  

  • リプロスキンをぬっただけで満足してしまう人がいますけど、リプロスキンは成分を肌に浸透させるための呼び水のようなものなので、化粧水による保湿とクリームによる閉じ込めが必要です。

 

水分というのは、化粧水にしろ美容液にしろ、ぬった後からすぐに蒸発しますから、早めにクリームを使わないと肌はたちまち乾燥します。

 

スピード勝負みたいなところがありますから、「洗顔→リプロスキン→化粧水→クリーム」の順番で手早く作業をしましょう。

 

いちご鼻が治るまで、どれぐらいかかるの?

 

リプロスキンを使う際に気になるのは、「いったい治るまでどれぐらいかかるのか?」だと思います。

 

個人差はありますけど、肌が回復するターンオーバーの周期は、28日〜56日と言われています。

 

ただし、年齢を重ねるほどターンオーバーの周期は長くなっていきます。20歳ぐらいの人はすぐに効果が出るかもしれませんけど、高齢の方は余裕を持ってください。

 

歳を取ると傷の治りも遅くなりますから、自然の摂理で仕方のないことです。

 

リプロスキンをぬると同時に、食事や睡眠などにも気を配り、肌が回復するのを待ちましょう。

 

>> いちご鼻も改善してくれるリプロスキンの詳細はこちら